電話代行の利用で営業効率が上がる

電話代行サービスで会社の評判を上げよう!

電話代行サービスで会社の評判を上げよう! 電話代行サービスはうまく使えば会社の評判を上げることができます。
例えば、現状で顧客や取引先からの電話にきちんと応対できているでしょうか。
応対できる人員が少なく、一つの電話に応対していると他の電話が鳴っても取ることができないというケースが発生していれば、それは顧客に対して良くない印象を与えているかもしれません。
あるいは店舗などで良く発生することですが、店舗にやってきたお客さんに直接接客している間に電話が鳴ったらどうしているでしょうか。
もちろん店員が複数名いて一人は接客、一人は電話応対ということができれば問題ないわけですが、小規模な店舗で店員が一人しかいないような場合です。
お客さんを優先して電話に出ない場合であっても、電話を優先する場合であっても、どちらでも直接対応されなかった人は会社に対して良くない印象を持ってしまうことが考えられます。
これは例えば営業活動中などでも同じです。
営業担当者と顧客との面談、商談中に電話が鳴った場合のことを考えてみて下さい。
このような場合に役立つのが電話代行サービスです。
忙しくて手が離せない場合であっても電話に出て用件を聞くことができ、いつかけても電話に出てくれるということで会社の評判も上がるはずです。

電話代行の利用で営業効率が上がるってホント?

電話代行の利用で営業効率が上がるってホント? 電話代行サービスで営業効率が上がるのは間違いないでしょう。
典型的なケースを考えてみます。
営業担当者は当然ながら顧客や取引先と面会し、商談をしたりして営業活動を行うのが本来業務です。
この面会、商談の最中に携帯やスマホに着信があった場合どうするでしょうか、というのが典型的なケースです。
非常に重要で繊細な案件を話している最中の場合、電話に出ることさえ憚られることがあるでしょう。
もしかしたらその電話は既存の顧客からの急ぎのクレーム、至急何とかして欲しい用件だったかもしれないのに、です。
一方で、そのような電話に出てきちんと応対すれば、電話の相手先からは信頼を得られるかもしれませんが、目の前にいる面会の相手はどう思うでしょうか。
商談をしている最中に別の電話で話す人を見て、ああこの人は頑張って仕事をしているなと思ってくれるような人はまずいません。
自分との話を何だと思っているんだこの人は、と思われるのがオチで、場合によっては重要な契約の話も白紙に戻るかもしれませんし、場合によっては怒り出すことすらあるかもしれません。
このような場合に有用なのが電話代行サービスで、かかってきた電話に即座に対応することで営業効率が上がるのは間違いないのです。