株式会社ベルウェール渋谷紹介

万が一の事態に

万が一の事態に 対応商品や商材の提供を行っていると、何か大きな問題が発生してしまうリスクは十分に考えられます。
これらのリスクを完全に事前に排除することはできません。
しかし、様々な方法でリスクコントロールを行い、できるだけその被害を小さく留めることは可能です。
ここではそんな方法の一つとして「リコール対応の外注」について紹介します。
リコール対応の外注を行うことができる会社に、株式会社ベルウェール渋谷があります。
一般的に様々な問題が発生してリコール対応を行う際には、自主回収を行ったりお詫びの電話を行ったりと、沢山の業務が必要となります。
株式会社ベルウェール渋谷ではこの業務を多様なルーティンで行えるようになっており、状況に応じて適切な対応が取れるようになっています。
また、株式会社ベルウェール渋谷のコールセンターは、システムとロジスティクスとのデータ連携を行いながらサポートを行う仕組みになっています。
そのため、いわゆる対応部署のたらい回しのようなことを起こしてしまうことがなく、二次クレームの発生を防ぐことができます。

オペレーターの教育

オペレーターの教育 それでは、株式会社ベルウェール渋谷ではどのようにして高度なオペレーターの教育を行っているのでしょうか。
株式会社ベルウェール渋谷は高度なオペレーター育成のために、オリジナルの研修カリキュラムを用意しています。
この研修カリキュラムはいくつかの分野に分かれており、それぞれの分野に合わせて専門的なオペレーターの育成が行われるようになっています。
まずは、新人研修カテゴリーです。
コールセンターとしての応対の基本となる部分の研修のほか、電話応対の基礎やカスタマーに対する正しい言葉遣いなどについて研修が行われます。
次に、オペレータースキルアップ研修があります。
こちらでは、言葉遣いについて更に踏み込んだ勉強をすることが可能です。
正しい敬語の使い方や、間違いやすい表現、あるいはクレームへの対応としてどのような内容がふさわしいのかということが教育されるようになっています。
これらは基本的な研修であり、さらに高度で専門的な研修も中には存在しています。
例えば、分野に合わせた専門家育成のためのスペシャル研修がそれにあたります。
こちらではコーチングやカウンセリングなど、管理者として問われることになる能力が育成されるようになっています。
このように、多岐にわたる研修が十分な対応を生み出しています。