株式会社ベルウェール渋谷はパイオニア

コールセンターのパイオニア

コールセンターのパイオニア 株式会社ベルウェール渋谷はコールセンターのパイオニアとして知られている会社です。
創業は1970年代。社長自身も何をもって創業と捉えるのかによって微妙に異なると発言しているのですが、コールセンターやテレマーケティングのパイオニアでもあるのです。
高度経済成長期を迎えていた我が国では様々な産業が登場しました。様々なアイディアが生まれたのもこの頃で、多種多様な商品や商売が登場しました。
高度経済成長期という、いわば我が国が最も勢いのある時代だっただけに、雨後の竹の如く様々な物が生まれていた時代なのですが、そのような時代に生まれたのが株式会社ベルウェール渋谷です。
テレマーケティング、コールセンターという、いわば企業と消費者をつなぐ役割は時代のニーズにとてもマッチしました。この分野におけるパイオニアとして活躍してきたのは周知の事実ですが、決してパイオニアだからこそ現代まで生き残っている訳ではありません。
高度経済成長期に急成長したものの、バブル崩壊という時代の流れの中で姿を消していった企業もあれば、消費動向の変化についていけずに姿を消していった企業もあります。そうした中、この株式会社ベルウェール渋谷は残っているのです。

パイオニアだけではない

パイオニアだけではない なぜ残っているのか。それは株式会社ベルウェール渋谷がパイオニアというだけでなく、クライアントファーストを掲げ、常にクライアントに何を提供できるのかを考えているからなのです。
また新しいツールやシステムの導入も積極的に行っています。老舗、パイオニアというイメージから、成功した後は保守的なのだろうとのイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、株式会社ベルウェール渋谷は決して保守的ではありません。むしろパイオニアでありつつ、積極的に新しいサービスを模索しているのです。
インターネットの導入が速かったのもそのためです。今あるサービスをすべてだとは思っていないのです。もっと良いサービスがあるのではないかという気持ちを常に持っているので、いつもより良いサービスを模索しているのです。
インターネットを導入し、コールセンター業務の情報共有を迅速なものとしたことでより時代のニーズに応えることができたのですが、このような話は枚挙に暇がありません。
自分たちのシステムを絶対なものだとは過信せず、より良いサービスを求めているのです。クライアントファーストは決して伊達ではないのです。
このような姿勢があるからこそ、多くの企業からの信頼を得ているのです。